にほんブログ村 寂しい一人暮らし | にほんブログ村 OL日記ブログ | にほんブログ村 適応障害

ロンリーナイト

年齢イコール彼氏いない暦な腐女子のひとりごと

寄り道

寄り道、道草、遠回り、迂回、気を逸らす、心ここにあらず、なんでもいいのだけれど、そんなぼんやりとした状態がつづいている。

やりたいことがある。

ゆくゆくは今の仕事を辞めて、これ一本で食べていけたりしないかなぁと願うぐらいには「やりたいこと」だ。それを「これ一本で食べていくぞ」と断言できない自分の弱さが気になるところであるが、そんな現実的でいがいと夢を見ないのは美点であると思っておこう。せめて自分だけでも!


さて、そんな「やりたいこと」であるが、「やりたいこと」であるはずなのにうまく捗らないのだ。

 

己で選んだ趣味というか副業候補にもかかわらず、このていたらく。

まるきりの初心者というわけではなく、高校時代に趣味でやってきたことなので(たとえば絵とか、小説とか、ギターとか、ダーツとかビリヤードとか、そういうものだ)やり方をしらないというわけでもないのに、いざ本腰を入れて「これで生きていけるようになろう」と気合いをいれると、なんともまぁ、進まないこと、進まないこと。

気合いをいれるからだめなのだろうか。もっとフラットに、たのしく挑むべきなのだろうか。

すくなくとも「楽しく」はそうするべきだと思うのだが、いかんせん楽しくないのでどうもしがたい。

楽しくやれないのに職業にできるのかといわれるとひじょうに悩ましいところだが、しかし今の仕事はもっと楽しくはない。世の中を生きるのはむつかしい。

 

集中はだいじだ。

あたりまえのことだが、ほとほとそう思う。

もともと注意力散漫で、テスト前になると片付けをはじめるタイプの学生だったけれど、それでもどうしても必要な勉強というのはしていた。義務教育は興味がなかったし必要とも思えなかったので散々だったけれど、専門学校に入ってからの勉強は、自分でもびっくりするぐらい頑張った。なぜあんなに頑張れたのか、いまだによくわからないのだが、やはり「高い学費を払って入れてもらったからにはやり遂げねばならない」という意識が強かったのかもしれない。

そこにきて、現状の情けなさよ。

たしかにいまも病がつづいているし、そのうえでなおかつ仕事もしていて、いっぱいいっぱいであるのは事実だ。だが、それを打開すべく現状を変えようと願ったのは自分ではなかったのか。高い金を犠牲にしていないからだめなのか。否、犠牲になっているといえば、もうなっている。これが成し遂げられなければ時間を無駄に費やしたばかりで、別のところに注いでいればなんらかの収入になったかもしれない。それが得られない以上、ある意味金銭は犠牲である。

 

わかっている。

だが、寄り道はやめられない。

このブログのことなのだが。

 

かたくなな意思、集中力。一本の道をひたむきに邁進する力。

それは才能なのか努力なのか、意地なのかどうなのかわからないが、いずれにせよ今の私には著しく欠けているのだった。